20.01-3_剣道称号予備審査会

剣道称号予備審査会


下記の要領で【剣道称号予備審査会(教士・錬士)】が実施されます。詳細についてはリンク先のサイトを参照ください。

剣道称号予備審査会(教士・錬士)

開催日時

令和2年1月25日(土)
午前10時開始(受付 午前9時30分より)

開催場所

エディオンアリーナ大阪(旧名:大阪府立体育会館)

資格

錬士受審者
 1 令和元年5月31日以前に剣道六段を取得した者。
 2 平成22年5月31日以前に剣道五段を取得し、かつ年齢が60才以上の者。
 3 ※但し、登録団体の会長からの推薦書を提出の事。また、六段受有者は適用外となります。ご注意下さい。
 4 1.もしくは2.の条件を満たし、かつ平成31年1月から令和2年1月までの間に、大剣連主催もしくは
  大剣連の後援する講習会(剣道形・審判・指導法)を2ポイント以上受講している者。
 5 社会体育中級の合格者については、大剣連の称号予備審査を免除いたします。該当される方は、事務局にお申し出下さい。
  本審査受審については、全剣連の通達に従い、お申込みいただきます。

 

教士受審者
 1 剣道錬士七段受有者で、七段を平成30年5月31日以前に取得した者。
 2 1.の条件を満たし、かつ平成30年1月から令和2年1月までの間に、大剣連主催もしくは大剣連の後援する講習会
  (剣道形・審判・指導法)を原則各年2ポイント以上、合計4ポイント以上受講している者。
 3 社会体育上級の合格者については、大剣連の称号予備審査を免除いたします。該当される方は、事務局にお申し出下さい。
  本審査受審については、全剣連の通達に従い、お申込みいただきます。

 

注意点(錬士・教士共に)
 ※注1 全剣連の主催(大剣連主管)する講習会や社会体育指導員講習も含む。
 ※注2 大剣連の主催する半日講習会は1回の受講で、0.5ポイントと計算する。
 (当連盟 称号・段位審査細則第8条)

申込方法

称号予備審査申込用紙(専用用紙)に記入の上、受審料を添えて事務局あてに申込むこと。用紙は大剣連ホームページより、ダウンロードできます。

受審料

会員5,500円  非会員7,150円
料金改定を行いました。事前にお送りした「審査・登録料 改定(案)」またはこちらのページをご確認下さい。

申込期間

令和元年12月2日(土) ~ 令和2年1月14日(火)

審査内容

日本剣道形・審判・実技

携行品

剣道具一式、竹刀、木刀(大・小)、筆記用具

その他

講習会受講履歴を必ずご記入下さい。受講履歴が確認出来ない場合は、受審出来ません。

詳細リンク先

剣道称号予備審査会(教士・錬士) | 大阪府剣道連盟

admin